越境EC

【越境EC】ネットショップ開業計画〜なぜネットショップなのか〜

こんにちはokazyです。

私はこのWordPressを使い、ブログ作成をしながら使い方を学び、ゆくゆくはネットショップを開業したいと考えています。

そのための準備を調査しつつ、WordPressの利用方を併せて行っている最中です。ここでは今まで調べた事を紹介していきます。

越境ECとは

オンラインクロスボーダートレード(CBT)

越境ECの話

「越境EC」とは、経済産業省が打ち出したキーワードです。

「国境を超えて、インターネットを活用した商取引」ですね。

海外では、「オンラインクロスボーダートレード:Online Cross Border Trade(CBT)」が越境ECに該当します。

eMarketerの調査によると、2015年の世界のEC取引は約1兆6,710億USドルで、その内のの約16%を越境ECが占めており、2,673億USドルとなっています。

2020年には越境ECの取引の割合は、世界のEC取引の30%に届くと言われ、市場規模は約3,474億USドルになると言われています。

国境を超えたEC取引が目覚ましい伸びを示すとの予想です。

越境ECの市場規模は伸びるのか

越境ECが伸びると言われる要因は、以下の3つがあります。

  • スマートフォンの普及率向上
  • 決済方法の簡素化
  • ソーシャルメディアの普及

スマートフォンの2015年の普及率は18.6億人で、2020年の予想だと28.7億人に伸びると予想されています。

以前はPCでインターネットにアクセスするのが主流でしたが、スマートフォンの普及により、より多くの人がインターネットへアクセスすることが可能となっています。

欲しいものがスマホで簡単に購入することが可能になりました。

2つ目の決済方法の簡素化については、今まで海外から商品を購入する場合、国内に高い手数料を支払い海外送金を行っていました。

しかし現在では、PayPal等に代表されるWeb決済代行会社を通して、クレジットカードやデビットカードで簡単に決済が行い、簡単に海外から商品を購入することができるようになりました。

最後にソーシャルメディアの普及についてですが、今までECサイトで商品を購入する場合、ECサイト内にあるお客様の声やレビューの評価を参考に商品の購入を判断していました。

しかし、レビューの中には意図的に購入を促すステルスマーケティングや自作自演と思えるレビューが存在し、本当に信用できるものか躊躇することもありました。

現在では、FacebookやTwitter等でストア名や商品名を検索し、実際購入した人の投稿やコメントを判断材料として商品を購入できるようになりました。

越境ECを選択した理由

made in japanを世界へ

越境ECのススメ

みなさんご存知でしょうが、海外では日本製品がとても人気があります。

なんと言っても日本製品のそのクオリティの高さは、海外で高い評価を得ています。

  • 壊れにくい
  • 信頼性の高さ
  • 技術力の高さ、仕事が丁寧
  • 高性能

上記が日本製品人気の理由となっています。品質の良さが評価を得ているみたいですね。

近年、日本に訪れる外国人が増えています。

日本へ来た外国人がお土産として、紙オムツや粉ミルクを大量に購入していくニュースを見たことがあります。

お土産を購入した外国人が自国へ戻り、使いそのクオリティの良さを肌で実感すれば、また欲しくなるでしょう。

だけど余程のお金持ちじゃなければ、買い物の為にそう易々とまた日本へ来ることはしないでしょう。

でも今はネットでお目当ての商品を購入できる時代です。

ビジネスチャンスはここにある!と思います。

地域の選択

世界に向け日本製品を売っていくと言っても、全世界を視野に入れていくのは難しいと考えてます。言語の問題です。

欧州、北アメリカ、南アメリカ、アフリカ、アジア、オセアニアと、どの地域をターゲットにするかは悩みどころです。

ここ最近の中国人の購買意欲の高さはビジネスを行うのにはとても魅力ではありますが、

世界共通語の英語圏の国々を相手にネットビジネスを行っていくのが無難だと考えています。

よって、欧州や米国を相手にビジネスを行うこととします。

しかし、中国、インド、東南アジア諸国でもビジネスしたいという気持ちはありますね。

まとめ

今回はネットビジネス、越境ECについて簡単に書いてきました。

これからもっとたくさんリサーチして、その結果をここで発表していきます!

またお付き合いよろしくお願いします!!

Facebook対応のかんたんネットショップ開業【イージーマイショップ】

株式会社 Eストアー

-越境EC

Copyright© 副業の酒場 , 2022 All Rights Reserved.