元バーテンダーの話 飲食店経営

失敗しない初めての梅酒作り〜いろんなお酒をベースに梅酒を作っていこう!〜

okazy.
梅雨直前にもなるとスーパーに青梅が出回りますね。梅酒作りの季節ですね!

6月にもなるとまるまる大きく成長した梅の実がスーパーの棚にならんできますね!

梅干しを作っても良し。

梅シロップを作っても良し。

ですが今回は梅酒つくりについて書いていこうと思います。

我が家でも毎年梅酒は作っていて秋には出来た梅酒を堪能しています。

美味しく作るコツや、作るに当たり注意しないと行けないことが何点か

あります。

知らないと大変なことになってしまう事もありますので

是非注意して読んでいただけたらと思います。

 

失敗しない梅酒つくり:その0準備するもの

梅酒つくりに欠かせない、準備しておくものを一覧にしておきます。

必要なモノ

  • 梅の実1kg
  • ホワイトリカー1升(1.8L)(お好みでウイスキやブランデー)
  • 氷砂糖1kg
  • 上記を入れる容器(4Lの容器がベスト)
  • 竹串または爪楊枝

 

失敗しない梅酒つくり:その1梅の実選び

梅酒つくり

梅酒つくりに欠かせないもの。梅の実ですね!

スーパーでは1袋あたり大体1kg入って売っているものが多いですね。

梅酒のベースとなるお酒1升(1.8リットル)に対して梅の実は1kg使用します。

好みによって梅の量を調整しても良いですが、あまり極端に梅の量を増減させることは

注意しましょう。

特に梅酒つくり初心者の方は1升につき、1kgの梅で基本通りに作ってみましょう。

さて、大事な梅の実の選定ですが、

まず見ておくポイントは、

に傷が付いていないもの。

これが大事です。

梅の実の味が落ちてしまいます。

そして梅酒の色にも影響が出てしまします。

綺麗な琥珀色の透明な梅酒が濁ってしまう恐れが

ありますので傷物は取り除き別の用途に使用することを

おすすめします。(梅干し等)

傷の見極めは、梅の収穫時や店頭に出る際にぶつけて付いた

新しい生傷のものはNG。

逆に梅の生育中に付いた古傷のものは梅酒に使っても問題ありません。

新しくついた傷物には気をつけましょう。

次に気をつけるべき点は、

度。

梅の実は足(鮮度が落ちる)が速い果実なので購入したら早めに漬けることおすすめします。

大体購入して2日以内に漬けたほうが良いです。

しかしそれは未成熟な梅の実を使うことが前提です。

未成熟な実は少し置いておいて実が少し黄色がかり、梅の良い香りが強くなったものが

ベストです。

熟し過ぎてもNGです。

難しいですがここは重要なポイントなので細心の注意を払いましょう。

最後のポイント点は

梅の実の大きさ

実は大きいものが良いです。サイズは2L以上で選びましょう。

漬けた実を食べるならこれくらいの大きさの実がおすすめです。

 

注意ポイント

  • 傷の付いた梅の実の使用はやめましょう。
  • 十分に熟した実を使用しましょう。(ただし熟し過ぎの実の使用もNG)
  • 大きい実を選びましょう。

 

失敗しない梅酒つくり:その2アク抜き

梅酒つくり

選んだ梅の実を実際お酒に漬け込む前の下準備に「アク抜き」があります。

アク抜きの前にまずは梅の実を水洗いしておきましょう。

その際には強く扱わず優しく傷を漬けないように洗ってください。

その後実際に水に漬け込みアク抜きを行います。

アク抜きを行う時間は、だいたい4〜5時間くらいで良いでしょう。

レシピの中には一晩漬けておくと良いというものもありますが、

経験上4時間位で十分にアク抜き出来ています。

アク抜きしている最中に実が茶色く変色していまうものも

あります。それは除外してください。

茶色に変色した梅の実は傷が付いていたものです。

傷が付いていないものは変色はしません。

実の変化を見落とさず行っていきましょう。

 

次にアク抜き後の作業として、水切りがあります。

水抜きはしっかり丁寧に行うことをおすすめします。

実に水分が残っていると漬け込んだ際、アルコールが実にしっかりと

触れさせることが出来ません。

触れさせることにより梅の香味がしっかりアルコールに移るので

水分は梅酒つくりには大敵ですのでしっかり取り除きましょう。

ちなみに水分をとばすのに天日干しは厳禁です。

日光が実を痛めてしまいます。

陰干しや、キッチンペーパーで水分を取り除いてください。

 

十分に水切りした梅の実の凹んだところのヘタを取り除きます。

ヘタ取りに使用する道具は、爪楊枝か竹串。

これらを使用して、丁寧にヘタを取り除きましょう。

実に傷つけないよう気をつけて作業しましょう。

注意ポイント

  • アク抜きの時間は4〜5時間
  • アク抜きの際に変色した実は取り除く
  • 水切りはしっかりと!
  • 丁寧に実のヘタ取りをしましょう

 

失敗しない梅酒つくり:その3瓶詰め作業

梅酒つくり

さて、梅の実の下準備が出来たところで

いよいよ実を瓶詰めし、お酒を入れて漬け込み作業へ入ります。

容器は湯煎等行い、しっかりと殺菌をしておきましょう。 

容器へは「梅→氷砂糖→梅→氷砂糖・・・」のように

交互に入れていくことをおすすめします。

梅酒つくり

梅酒つくり

上の画像のように入れていってください。

容器はガラス製を使用することがいいでしょう。

プラスティック製でも悪くはないのですが、空気を通してしまいます。

漬けて1年くらいで飲んでしまうのであればプラスティック製で良いとは思いますが、

2〜3年漬け込むのであればしっかり密閉出来るガラス製がおすすめです。

ガラス製を用意しましょう。

 

砂糖は氷砂糖をおすすめします。

グラニュー糖でも良いのですが、氷砂糖と比べると溶けるスピードが早いです。

早く溶けてしまうとお酒のアルコール度数がその分早く下がってしまいます。

梅の実を漬け込んだ初期の状態では、強いアルコールで実を殺菌する必要があります。

なので溶けにくい氷砂糖を使用したほうが梅酒つくりを失敗する可能性が低いです。

初心者の方は失敗の少ない氷砂糖を使用しましょう。

砂糖の量は1kg使用するのが失敗がないです。

ですが1kgも使うと甘い梅酒が出来上がります。

甘いのが苦手な人は700gくらいの量でも問題ありません。

そこは自分の好みで調整しましょう。

 

それでは次の工程のお酒の投入へ行きましょう。

初心者の方が使用するお酒は「ホワイトリカー」をおすすめします。

理由として、ホワイトリカーのアルコール度数は35%あります。

度数35%の高アルコールであれば梅酒つくりはまず失敗しません

まずはホワイトリカーで作ることにしましょう。

でもある程度作った経験がある方は他のお酒でも作ってみたいと

思うでしょう。

いろいろと試して自分好みの梅酒を作るのも醍醐味です。

しかし、注意が必要な点が。

「アルコール度数」。

これには十分に気をつけましょう。

使用するお酒のアルコール度数は絶対に「20%以上」。

こちらを厳守してください。

もし20%未満のお酒を使用して梅酒を作ると日本の酒税法では違法となります

アルコール度数が低いと、梅の実が砂糖の糖分と交わり発酵して

新たにアルコールを作ってしまうからです。

アルコール度数1%でも生成してしまうと違法となります。

しかし度数が高いお酒を使用すると果実の発酵は抑えられます。

そのため度数20%以上のお酒を使用する必要があるのです。

たとえ自分で飲むために作ることも禁止されています。

違法です。

では、ワインにフルーツを漬け込んで作る「自家製サングリア」を聞いたこと

あるけど、これはどうなんだ??

と思う人、いると思います。

これも知らない人が多いと思いますが、実は違法行為なのです。

ワインはアルコール度数20%未満のお酒です。

それにフルーツを入れて漬け込むことはやっていはいけないのです。

ただし飲む直前にグラスにワインを注ぎ、そこへフルーツを入れて

飲むことは全然問題ないです。

低アルコールのお酒を使用して一定期間漬け込むのはやめておきましょう。

注意ポイント

  • 使用するお酒はアルコール度数20%以上(ホワイトリカーがおすすめ)
  • 20%未満のお酒は絶対使用しない(違法です)

 

失敗しない梅酒つくり:その4保存方法

では仕込みが完成した梅酒を保存する場所についてです。

基本直射日光に当たらない場所に置いておくことが良いです。

冷暗所が良いという意見もありますが、常温保存で十分です。

常温で梅酒を熟成させていきましょう。

そして砂糖が溶けるまでは一日に一回、優しく瓶を回して混ぜていきましょう

梅のエキスをお酒に移していきます。

砂糖が溶けたあとも梅の状態(下にある梅はしぼんでシワが出来ている事がある)をみて

これまた優しく回してかくはんしてあげてください。

放置せず、たまには様子を見てあげて状態の確認をしましょう。

愛情を注いであげましょう!

 

失敗しない梅酒つくり:その5仕上げ作業

最後の仕上げ作業です。

漬けていた梅の実を取り出すタイミングですね。

そのタイミングは調べてみるといろいろと意見があって、

  • 3ヶ月くらい
  • 半年くらい
  • 1年くらい
  • ずっと入れておく

と様々です。

しっかりと仕込みを行っていれば3ヶ月ほどで梅のエキスもお酒に移っている感じ

なので3ヶ月で問題はないでしょう。

しかし僕は最低でも半年は入れておきます。

一年入れておく場合もあります。

理由としては、「漬けている梅の実も美味しくいただきたい」からです。

一度梅から出たエキスが半年以上漬け込むことによって

また梅の実に戻って来ます。

その戻って来た実も美味しく食べたいので1年くらいは実は取り出しません。

これも好みなので自分の好きなタイミングで取り出しましょう。

でも最低3ヶ月は取り出さずに我慢で。

逆に1年以上取り出さないでおくと梅酒が濁りだして来ますのでご注意を!

種のエキスもお酒に移り、風味が変わってしまいますよ。

 

失敗しない梅酒つくり:最後に

以上の工程を丁寧に行って行けば初心者でも間違いなく

簡単に梅酒を作ることが出来るでしょう。

愛情を持って我慢強く接していけば美味しい梅酒を堪能出来ます。

自分好みのオリジナル梅酒。

作ってみましょう!

 

おすすめ梅酒本

-元バーテンダーの話, 飲食店経営

Copyright© 副業の酒場 , 2022 All Rights Reserved.